政策と見解−かまい敏行の活動

三重・桑名 参院選勝利へ決意【16.04.24】

かまい選挙区予定候補囲み集い

 三重県の日本共産党桑員業者後援会は22日、桑名市の桑員民主商工会館で、かまい敏行参院選挙区予定候補を囲んだつどいを開きました。

 かまい予定候補は、5野党合意後、保育士の賃上げを要求する法案を野党共同で提出するなど、国会でも変化が起きていることを紹介。「戦争法に限らず、一致できるところでの共闘が広がっています。野党共闘の勝利と共産党の躍進で、自公とその補完勢力を過半数割れに追い込み、新しい政治に変えましょう」と語ると、参加者は大きくうなずきました。

 桑員業者後援会の支持拡大目標は、訴えれば返ってくる情勢ということで、前回までの2000から3000に増やしました。

 「日本共産党の躍進で、税金の取り方、使い方のゆがみを正し、消費税に頼らない、福祉、医療、年金などの社会保障が充実した国にするため頑張ろう」と、参加者全員で「頑張ろう」を三唱し、7月の参議院選挙に向けて決意を固めあいました。


(「しんぶん赤旗」2016年4月24日付けより)  

Share (facebook)

▲ このページの先頭にもどる