県下の動き−三重県委員会からのお知らせ

【17.12.17】参議院三重選挙区候補を発表

参議院三重選挙区候補を発表

  2019年の参院三重選挙区(改選1)に津市議の中川民英氏を擁立すると記者会見で発表しました。選挙区での勝利をめざします。
記者会見で大嶽隆司県委員長は「三重選挙区で市民と野党の共闘の実現と、その勝利をめざしていく。参院選まで1年半あり、安保法制阻止、憲法守れの活動を、市民と野党が一緒に取り組んでいきたい。そのことが選挙でも大きな力になる」と述べました。
中川氏は「安倍政権の暴走を止めさせ、憲法改悪阻止の声を大きくしていく。そのために市民と野党の共闘の発展のために頑張っていきたい。そして野党統一候補と選出される状況を創り上げていきたい」と訴えました。
中川氏はさらに「市議の活動の中で、政治に助けを求める人の声を多く聞いた。その人らを助けるのは根本的には国の責任。社会保障の改悪など憲法をないがしろにする政治を国政の場で変えたい」と決意を述べました。

Share (facebook)

▲ このページの先頭にもどる